家事&配達代行人。

思いついた事、思い出せた事を

時間は行動量によりけり。

|ω・`)ノ ヤァ、マックです。

昨晩の冷えはやばくて、

ちょっと、これ死んだわーってなった私です。

 

冷えについては何度も言うけど、

リカバリーに時間がかかるので

できるだけ避けた方がいいです。

 

それこそ

お金で買えない事なので。

 

一月は正月あけるとあっという間に感じてしまうものです。

ぼーっとしていると一年があっという間に、

とはいうけれど、

やはり活動量をどれだけ減らすかの違いかと。

 

新年はいって自分をアクティベートして思うのは、

行動量が増えると必然と時間を早く感じる。

ぼーっとしてる限りそこまでではない。

 

なので人生のやりたい事を絞って、集中する方が

幸福度は確実に高まるようです。

 

それは年の若いうちからの実行により、

将来の選択肢が増えるのです。

 

わかいうちに色々経験するのはいいけれど、

結局どっちつかずで、常に新しい物をおいかけて、

深堀までいたらないんですよね。

現代の情報量の多さの濁流にのまれるだけで

 

なので、村を作ったけど、濁流に流されるの繰り返しになり、

最後に何も残らなくなるのです。

 

情報社会って、何も残らないってとこなんです。

それはネット社会から現実社会へ波及している事で、

ミニマリズムもその影響なのかもしれない。

 

現代は持たないリスク管理ってのありますしね、

色々代行、シェアサービスありますから。

 

いきつくさきはホリエモンのようになるのかも。

 

感情管理も、その時々のエモさですから、

人間関係もネットで完結してしまっているので、

現在の恋愛観は、

メリット、デメリット、合理化みたいで、

あんま人間臭くなくあっさりしている感じ。

 

子作りも作業感というか、

いつから人間性を失い始めたんだろうか?

なんて思う事もしばしあるわけです。

 

人が見える範囲で死なないので、

死の観念が軽くなっているようで。

 

死神がいるとしたらメンドウだね。

何食べる?なんでもいいのノリで、

現代は命落とす時代なので。

大忙しかもしれません。

 

時間の概念をどのように把握するか?については

ここらへんなんていかがでしょ? 

モモ (岩波少年文庫(127))

モモ (岩波少年文庫(127))

 

 

TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究

TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究