家事&配達代行人。

思いついた事、思い出せた事を

時間泥棒って本を読んだ方がいいかもね

( ゚ ρ ゚ )ボー、( ゚д゚)ハッ!。

ストーブつけると眠くなりますね、マックです。

 

世間では大掃除のシーズンのようだけど、

なんで便利家電が増えて、

業者も気軽に頼めるのに必要なのか?

 

ってのは、

テレビや雑誌で年末に自分でやるべき事って、

刷り込んでいるわけですけれど、

なんで大掃除になる状況になってしまうのか?

 

に、ついては、語られないですね。

 

結論は

自分のやりたい事と生活を分けて、

自分の時間を優先したために、

生活の部分が疎かになったからー。

 

なので不安定になりましたとさ、、

生活ありきの人生なので。

生きる活動の基盤が安定しなけりゃねぇ。

 

生活を放棄するには、

外注するか、

ハウスキーパーを常駐させるか、

ホテル住まいになるとかね。

 

なので前提としてお金が必要になるのです。

 

そこで中間層に向けて登場したのが便利家電!

自動掃除機

乾燥までできる洗濯機

自動調理器

自動洗浄トイレなどなど

灯つけるのも感知式にする人も増えましたね。

 

なんにせよお金が必要になるわけで。

 

なぜ働くのか?について、

生活の為って答える人は多いけど、

具体的に内容まで言える人はほぼいないのです。

 

いえたとしても高望みな場合で、

実現可能な領域をはみ出る場合があるかと。

 

さて、現実と理想の差がなぜ生まれるか?については、

マニュアル思考で、想像力と想定力の欠損によるものです。

これが合理化、効率化の弊害と言えることなのよね(;´д`)トホホ

 

便利になればなるほど、

単純に考えるようになるのだけど、

その単純化により、

選択の放棄が始まるわけで、

湯水のごとく時間を垂れ流す生活ができあがり!

 

余裕がないのに、

余裕のある人が行う行為を真似するとどうなるか?

それは女性に強い傾向があるので、

家庭不和が生まれやすくなるんやけどね( ゚ ρ ゚ )

 

そう現代人の多くは、

「なんで自分の思い通りの人生にならないんだ!」

って、怒ったり、嫉妬したりするわけです。

 

そりゃ自分で考え、行動しなけりゃ変わらんよね。

 

他人が自分を良くしてくれるってのは根強く、

政府に文句はいうけれど、参政しないとか、

労働者として文句はいうけど、結果をだせないとか、

そんな事にも気付けない自己中が増えて、

どんどん規制が生まれるわけです。

 

自分達の行動による

将来性の消失に気付けていないので、

ネットなどにネガティブループができあがるわけです。

 

例えば、

保育園に子供を預けられない!って話題になりましたが、

なんで都市部に住まなければならないのか?

それなら自分で経営すればいいじゃん!って話が上がらない( ゚ ρ ゚ )

 

育児に関しても、

育児ノイローゼって言葉が一般化したために、

そういった人たちが増加した。

 

言葉が生まれると

言葉に影響を受ける人も同時に増えるわけです。

 

そういった木の視点の報道やSNSをみて、

森が見えてないわけで、解決しないのよね。

 

因果関係とは点と点で線(色々な形)になり、

一つの点をいじくったところで大して期待できないのです。

現代のように情報網が渋滞しちゃっている世の中では。

 

そろそろ道を戻しましょうw

 

具体的にどういう行動をすればいいか?

 

・自分が日々どういう暮らしをしているか?

・お金をどう生んで、どう使っているか?

・自分や同居人の快適、不快はどのようなことか?

などなど項目は色々あるだろうけれど。

 

なんにしろ、自分の人生はどうあるべきか?を

定義できれば、取捨選択が楽になるんじゃないかな?

 

そんなまともな話のできる相手がいないのも、

深刻な問題の一因なんだけどね( ゚ ρ ゚ )

 

家族ってのも形骸化しているので、

ちなみに日本の殺人事件の多くは

身内で起きやすい傾向ですね。

自殺も身近にいて気づけないようですし(´・ω・`)

 

なので自分に気付き、他人に気付ける余裕が持てると、

自分の環境もよくなるかと思うので、

スマホやネットは程々に。