家事&配達代行人。

思いついた事、思い出せた事を

体動かさないと目覚めない_(ˇωˇ」∠)_ スヤァ…

|ω・`)ノ ヤァ、マックです。

原付に変えてからというもの、

ぎりぎり9~10時に起きている現状です。

 

というわけで、

人は運動不足になると

眠気が起きやすくなるのかもしれない。

 

それとやはり夜更かししてしまいがちでもある、

ウーバー始める前と後では就寝時間への影響もあるね。

 

って事を踏まえた上で、

現代社会人たちはなぜ疲労が抜けないのか?の結論は、

1、運動不足

2、スマホとネット依存

3、人生の楽しみや目的がない

 

ここらへんが原因なんじゃないかと。

 

寝不足の原因は運動不足に直結するし、

食事のバランスの悪さなど、寝るに影響を与える。

 

なので人生の質を変える為の

初動でやる事は、

睡眠の質をあげる事に全振りする事!

 

チェックリスト(思いつき)

・一日の運動量は足りているか?

・食事のタイミングと量、内容を記録してみよう!

・寝るまでの日々のルーティンは何をしているか?

・自分に合う睡眠時間は何時間で、何時起きか?

・寝具や寝間着、寝室がどんな状況か?

・風呂とシャワーを朝、昼、夜どのタイミングがいいか?

・人生の楽しみは何か?

・好きな事、苦手な事を紙に書く

・やりたい事、やりたくない事を紙に書く

 

他にも項目があるだろうけれど、

こういった感じに、

自分の日常を俯角してみる時間が大切だ。

 

つまり自分との対話ってやつね。

 

苦手でしたら、ご相談ください( ゚ ρ ゚ )

巷にいる問題を解決しないカウンセラーよりはましかと( ゚ ρ ゚ )

 

基本暇なのでお気軽にどうぞ!

遠方の方でしたら、

zoomなどのビデオ通話などでね。

 

手軽で自己投資しやすく効果があるのが睡眠だ!

本も何冊かでていますが、

本ってやつは、万民合うわけじゃないのでね。

 

睡眠こそ最強の解決策である

睡眠こそ最強の解決策である

 
スタンフォード式 最高の睡眠

スタンフォード式 最高の睡眠

  • 作者:西野 精治
  • 発売日: 2017/03/08
  • メディア: Kindle版
 

 

ここらへんに言える事は、

アジア人が対象ではない事なのよね┐(´∀`)┌ヤレヤレ

 

よくエビデンス話になるけれど、

基本、アジア人以外を対象に実験されているので、

有名な大学が実験したからきくわけではない。

 

それは睡眠以外のすべてに言える事。

 

そんな事より自分の人種の過去を見る、

歴史を学んだ方が効果があると思うよ、

 

食事改善などで身長や体重の増減はあるけれど、

脳と体機能は大して進化してないし、

むしろ退化気味なので。

 

歴史と文化と食事の変化。

なぜ?高度成長が起きたのか?

と、近隣の中国、韓国との違いとかね。

一番戦争の影響を受けている点は忘れてはいけないね。

 ここら辺見て深堀もいいんじゃないかな?

 

そもそも論の話になるけれど、

人は関心がなければ思考も動かないので、

無関心症の人は、

身近に知見に富んだ人が現れるか、近づくかせんと、

スタート地点で後悔が大きいかもしれない。

 

なんにせよ、後悔で人生の無駄をしたくないなら、

とりあえず、脳を活動できる状態にしましょう_(ˇωˇ」∠)_ スヤァ…