タスカジさん&ウーバー配達員のマックの日記

たまにいい事書くかも_(:3」z)_

8月からスイッチオン!

|ω・`)ノ ヤァ、マックです。

8月になってやっとこさ、動き始めました。

今年の7月まではゴロゴロ、セイウチのようにしておりました。

 

なので本も読まず、調べものせず、運動もせずと、

ニートの極みに近かったかもしれませんね(*´∀`*)

惰性でyoutubeなど見たりしていて、

どんどん内向的で動くのめんどくせーってな感じになり思うのは、

 

社会のシステムが、

人を怠惰へ誘い無力化しているんではないか?

そして、そういった人たちの労働対価を

何も考えずにポチればいいんだよーと、

一連の流れが作られているような。

 

なぜ日本にはどんな人にも自由があるか?って考えると、

余計な物事が身近で起きている方が、

国の運営をする点で、

国政まで文句が届かないように調整されているような、

なんて陰謀論だ!と、つっこまれそうですが、

事実なんよね。

 

愚者が増えれば、

国営者の利益追求行動を理解できないので、

適度に飴さえ与えてれば文句言われないんです。

 

なんせマスメディアが商売できるのは、

国の認可があってこそなので、

日本の放送権利に関しては、

総理の意向次第でどうこうできるので、

情報統制がしやすいのよね。

 

というか、情報に関しては、

有識者ってのは、

国にとってその業界にとって

プラスになる言動をとらないといけないといった暗黙のルールもあるし。

SNSで暴露話などする人達が増えたけれど、

評論や過去をほじくり返すのを楽しんでいる人も増えたので、

社会に変化反応が起きる程には至っておりません。

 

けれど、

TVで言ってたからといって、

実行するとたいていろくな目に合わない。

最近あった、シム問題

www.itmedia.co.jp

 

数年前に話題になっていた、

みのもんたが言えば、スーパーで売り切れるとかね。

 

近年見かけるようになった、

アベガーと呼ばれる、安倍が悪いっていう人程、

政治家さんたちにとってはありがたい存在なんよね( ゚ ρ ゚ )ボー

 

総理一人に責任を押し付けつつ、

自己利益を追求している議員が多い中から、

各省庁のトップ決めをしなければいけないのにね。

 

善悪双方でやりあっている間に、

わけわからん法案が通過しちゃうのが変わらないものです。

その善悪も自分の主張以外は敵みたいに、

子供の遊びみたいなんだけどね。

 

それと、

いくらSNSで騒ごうがなにも変わらないんよね( ゚ ρ ゚ )ボー

今話題の書籍のこちらでも

疫病2020

疫病2020

  • 作者:門田隆将
  • 発売日: 2020/06/27
  • メディア: Kindle版
 

 自分は主張してたとあるけれど、

認知者が少なければ意味がないのが現社会構成なので、

SNSを実名でやり、フォロワー数を100万こえたくらいで、

やっと少し発言権がでてくるかもしれないってなくらいなのです。

 

日本の場合は、アンチもその分抱えるので面倒だけど、

アンチマネジメントができていればプラスに転じるのです。

 

とはいえ、くそまじめに

社会の為に、国の為にって人はごく少数派なのも悲しいけれど、

それは富裕層の役割だと主張する人達も少なからずいるわけで、

資本主義の悪循環による限界突破するわけです。

 

そうなると人は初期位置に戻ろうとするわけですけれど、

もう元には戻れないくらい破壊し尽くした後に残る社会に、

ただ絶望するのが新しく生まれる命なわけです。

 

それなら今を楽しめればいいってなるよねー( ゚ ρ ゚ )

 

先進国の中で若年層の自殺者数トップを保持する社会、

でもね、報道されないのです。

とはいえ、海外の場合は殺し合いが発生するので、

そういったのも加えると、若い世代の死者数の差はあるのだろうか?

 

という、統計って発表する側の意図にそう数値の場合もあるので、

特にテレビの情報を鵜呑みにせずに

なぜその数値、グラフなのか?

って考えられない人は、

身近に不幸が訪れやすい傾向にあるのです。

 

文句いいつつテレビを見ている父母をとても残念に思うし┐(´∀`)┌ヤレヤレ

テレビってホント害しかねー。

 

テレビは意図的に作られている物なのを忘れて、

なんとなく見続けるのはやめましょうね。

せいぜい知り合いとの会話のネタ程度にね。