タスカジさん&ウーバー配達員のマックの日記

たまにいい事書くかも_(:3」z)_

不確定な物に対処する方法

こんにちわ、マックです。

炎天下で湿度高くても寝れる生物になっております。

人に備わる、適応機能と安定思考、恒常性ってのは、

メリットでありデメリットでもあると言えます。

 

さてはて、昨日はコロナで恐怖している意味がわからないと書きましたが。

具体的に、自分が何に対してどう不安を抱えているか把握できている人が、

ほとんどいないからそういう現象が起きていると言えます。

 

心の悩みは他人には理解できないってやつは、

つまり自分ですら自分の事を深掘りして、

具体化からの対策を実行している人が少数派と言う事です。

 

こうなっている理由としては、

人は思っている以上に感情で生きている生物で、

個々でベースラインを作っている為に、

まぁいっかで済ませて、

問題を少しずつ蓄積しやすい性質になっている事。

 

それに伴い、

身内であっても、感情ギャップが生まれるのですが、

自分と他人との思考や感情の差を考えずに

自分を大人と信じてやまない人達は、

理性や理論などで相手に接するわけです。

 

(なので心が弱っていたり、隙間がある人に感情的に接すれば、

ころって引っかかってしまうわけでもあります

芸能界の自称占い師みたいなやつですね。)

占い師は絶滅すればいいのにって思いますけど。

 

他人の心を悪利用したビジネスが盛んな現代は

社会が真面目であるほど苦しい仕組みになるわけです。

 

資本主義的には正しいけれど、人は機械的には行動できないのに、

板挟みで思考停止を狙った社会構造は、形骸化していくわけです。

 

とまぁ、前置きはおいといて、

本題の不確定な事象に対峙する方法ですが、

・個性を持つ

・情報収集をくせにする

・分析する

・実験や経験をする

 

簡単な方法は、子供のなんで?と言う質問に真面目に考え、答える事です。

 

子育てしている人にはチャンスがいっぱいありますね!

家事代行で子供達と話す機会が多くあり、

大人達からは、なぜそんなに話ができるのか?

について言える事は、

相手が関心を持っているのでこちらもそれを返しているだけなのです。

 

僕が不思議に思うのは、

子供の好きに対して、あまり参加しない家庭が多い事です。

浅くても関心を持てば、

子供が親の顔を伺い操ろうなんて思わないんですけど。

 

幼少期に他人を操るにはどうすればいいか?を身に付けてしまうと、

人間関係が歪になりやすく、世界の中心は自分思考にもなりやすく、

失敗する事で、一気に内向的になりやすくもあります。

 

とは言え、自分にも苦手で覚えられない事はたくさんあります。

数字や名前を記憶したり、

あまり好きでない車とかスポーツ観戦を理解する事とか。

 

車に関しては、交通事故に10回以上あっているので、

避けているのかもしれません、

でもトレーラーハウスやキャンピングカーのように

住に視点をうつせば関心度が高まりますw

 

浅く広くは自分を救う方法でもあります。

なので浅く広く情報を持っているのが僕です。

 

好きは深掘りしますが、基本は浅く広くです。

ここらへんの本はいかがでしょうか? 

ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門
 
ラテラルシンキング入門 発想を水平に広げる

ラテラルシンキング入門 発想を水平に広げる

 
天才たちの思考法 図解でわかる!  はじめてのラテラルシンキング

天才たちの思考法 図解でわかる! はじめてのラテラルシンキング

  • 作者:木村 尚義
  • 発売日: 2019/12/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

現代は、内に籠もって自分の世界で物事を考え、

自分の手の内を見せないけれど、

自分を理解しろって人が増えております。

 

そう言った身近にある、面倒な相手に対しても、

いろいろな可能性を想定できれば対処しやすくなります。

 

それは人だけでなく、今回のコロナも同じように、

自分で考えてみるといいです。

原因不明で腑に落ちない状態を続ける限り、

思っているよりも心身の困憊度が蓄積するだけなの。

 

一般的には臭い物には蓋をしろとか、

関わらない事が推奨となってしまっていますが、

放置による損失の方がとても大きいのだけど、

不都合な真実のようにフェイクを好むように、

メディア誘導により、人社会が混沌としてしまっているわけです

不都合な真実 (実業之日本社文庫)

不都合な真実 (実業之日本社文庫)

 
フェイクニュースの見分け方(新潮新書)

フェイクニュースの見分け方(新潮新書)

 

 嘘の情報は、正しい情報の100倍のスピードで伝播しますし、

人は最初にえた物事を思考の軸としやすく、変更しにくくなります。

 

あとはトレーニングとして、

ナンプレの難易度高いものをやるといいかもしれません。

仮定で実験していく事が身に付けるかも、、

とは言え、限界はありますけどね。

 

地味にクロスワードのような物でもいいのです。

あとは間違い探しも脳にはいい運動になるのでぜひ。

 

広い知識と視野から色々と想定、想像してみると、

 多くの人は情弱な理由は、

無関心による無知から不確定な事象、事案に不安になっているだけなので。