タスカジさん&ウーバー配達員のマックの日記

たまにいい事書くかも_(:3」z)_

何かのせいにしたくなるのはわかるけれど。

家にいることにストレスを感じる人が多いのがとても不思議なのよね。

 

というわけで、こんばんわーマックです。

コロナ疲れというのがありますが、

本当にコロナが原因で疲れているんですか?

 

きっと多くの人は

ストレスと同じで

何かの理由をストレスのせいにしている。

 

元々あった問題を、

TVや雑誌、ラジオ、ネットなどの媒介を通して、

世間一般の人の困り物というターゲットを見つけ、

それが理由で自分の問題が解決しないんだ!となってしまっている事。

 

そして、今回のように

自分の時間が増えた事で、

自分とその周りの環境を見つめ直す機会を

えてしまった事と社会の情勢不安が重なって。

 

パニック状態に陥って思考停止してしまっている状態なんだという事。

 

途方にくれて行動せずにいる人。

とりあえずどんな環境でも進む人。

僕のようにチャンスだ!ボーっとする人。

 

どれかが正解!ってなわけでもなく、

先人が経験した事がない状態なので、

思考停止というよりは、

思考放棄をしたくなるのもわかる。

 

とはいえ、

実はそこまでひどい状況ではないという事。

 

戦後のように何もない状態で、

奪い合いをしなければならないほど、

全ての人が死に瀕しているわけではないから。

 

衛生面に関しても過剰な状態ですし。

 

僕が思う日本のコロナが落ち着かない理由

・マスク

・高齢者

・大多数の凡人

 

・マスクがなかったら人々は外出しなかったんではないか?

という事。

 

マスクをすれば外出していい、

マスクをしていれば何しても問題ないのような、

免罪符のような、これさえあれば大丈夫を植え付けた、、

むしろネットにより誤植されていった。

そして、確執と負のスパイラルの的になった。

 

・高齢者

一番リスクの高い老人、持病持ちが、

私は大丈夫思考で徘徊した事。

なぜか若い人が原因のような報道は、

TVの視聴率のメインが中高年や老年層なので、

そういった人にうけるように制作するので、

必然的にそういう報道になった。

 

正直、医療介護特区を作らないのが意味不明。

都市部で若い世代が病院にいけない理由や、

医療費の負荷を増やしているのは高齢者なので。

 

・大多数の凡人

天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ

天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ

  • 作者:北野 唯我
  • 発売日: 2019/01/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

こちらを読んでいただければいいかと。

 

大多数の凡人が民主主義を掲げ、

いまだとネット端末により混乱を加速化させる。

 

そしてその処理をするのは天才や秀才で、、

けれど、責任攻撃をうけるのは天才なのよね。 

 

そういうと、

自分は、自称:天才を活かせる凡人という立ち位置です_(┐「ε:)_

なので天才の人は頼ってねw

 

というわけで、

何が言いたいか?

まずは自分の生きている環境の問題を、

自分ごととして、娯楽より先に解決しましょう!