タスカジさん&ウーバー配達員のマックの日記

たまにいい事書くかも_(:3」z)_

食糧についての話

|ω・`)ノ ヤァ、話ごっちゃになったので別にするね。

 

今回のコロナで世界がやばい状態になったのは、

言わずにわかると思うけど、

なぜか日本では食糧問題について何もいってないので書いとくね。

 

年々、ヨーロッパより下の国々で、

バッタの害が増加しているんですよね。

紛争地帯なので、国として呼べるかどうか微妙だけど。

 

そんでね、バッタ達の成長もコロナばりに変異しているわけですよ。

つまり、コロナでヨーロッパの人々が農業や酪農などに移行したのではなく、

コロナ+虫害問題によるものなのよね。

 

さて、南欧で食糧難が起きるとどうなるか?

それは中国の5Gなどの産業や食糧が、政治の道具になるわけですよ。

今はフランスとマスク外交とかいわれれますけど。

 

仮に、EUが食糧を今まで以上に中国から輸入する事になると、

日本の食事情にも影響されるわけですよ。

それは産業もそうですね、工場は中国やそれより南の国々で作られていますし。

 

となるとだよ?

ITの一時限界点が見えてくるのだよ( ゚ ρ ゚ )

自動化がひと段落したら、

それ以上の開発はあまり意味のない事だからね。

 

食糧と言えば、種子世界一のモンサントさんがおります。

虫にも災害にも強い種子作り、

作業の自動化も徐々に進んでいくだろうしね( ゚ ρ ゚ )

 

ほんで次はクローン技術、

世界的なタブーを無視して実験している、

中国が強いわけですよ。

 

数年前のニュースがやっと表に出てきたくらいに、

報道すべき事がされない事が悲しいですね、日本のメディアは。

 

中国にペット愛好家が集まる理由をしっていますか?

それがクローン技術ですね。

動物はひと段落したので、人に移行している段階ですね。

 

漫画や映画にある自分のクローン作って、

臓器の取り換えとか現実味を帯びてきてますね。

 

そういえば頭の入れ替え手術はその後も続いているのだろうか?

問題は脳の老化をどうとどめるか?がポイントになるので、

老化をとめつつ、意識を維持する液体や容器製造の方がとっかえるより、

現実的なにかもしれませんね。

その前に機械化なのかなー?

ITの皮膚移植はアメリカでも行われているし、

服が懐かしいなーってなノリになりつつあるね。

 

と、話はそれたけど。

 

そういったのも含めて、地政学を学ぶ事をおすすめします。

マンガでわかる地政学 (池田書店)

マンガでわかる地政学 (池田書店)

  • 発売日: 2017/03/24
  • メディア: Kindle版
 

 漫画でさらーでいいと思いますし、

 難しそうなのとかね。

関連書を新旧3,4冊読めば把握できるかと思うので、

 

普段買い物しない人にとっては、

税率引き上げと、収入低迷と、物価の上がり方から見える、

近い未来についても今回の騒動をきっかけに考えるといいかなーと思いましたとさ。