タスカジ&ウーバーでマックと名乗っている人。

思いついた事、思い出せた事を

早寝したけど早起きできなかった(¦3[▓▓]スヤァ

昨日は0時位に布団に入る、

朝起きると12時過ぎていた(¦3[▓▓]スヤァ。

 

まぁ、そんな日もあるよね。

昨日は父が私がどっかでかけたと勘違いしていたようだけど、

布団で寝てただけである(¦3[▓▓]スヤァ

 

なのできっと就寝時間をどうこうするよりも、

起床時間を固定にする方が効果があります。

 

と、言うのも、

睡眠関連の本を一通り読むと、そう書いてあるのでねw

睡眠こそ最強の解決策である

睡眠こそ最強の解決策である

 
スタンフォード式 最高の睡眠

スタンフォード式 最高の睡眠

  • 作者:西野精治
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2017/02/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

とはいえ、就寝の時も肝心で、

最初の90分をどれだけ快眠に寄せられるかで変わる。

要は90分さえうまく寝れれば後は、別に寝なくてもいいって事なのよね。

 

私の場合は布団モフモフあったかなので脱出不可能ですけども。

 

睡眠に重要な事!

・就寝後90分を最高にしよう!

就寝前の2,3時間前からカフェイン飲料やスマホ&PCなどやめましょう

・起床時間を固定化!

睡眠アプリで起床コントロールをしましょう、

Sleep Cycle: スマートアラーム目覚まし時計

Sleep Cycle: スマートアラーム目覚まし時計

  • Sleep Cycle AB
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 体が慣れれば自然と起きれるようになるので(実証済み)

・夜のルーティンの固定化(習慣化)

夜は意志力が低くなっているので、

できるだけ誘惑や選択といった物事に振り回されないように、

入眠までのプロセスをシンプルにして、

次の日の朝忙しくならないように準備も込で。

 

となると、必要になるのが、

整理整頓&ミニマリスト化。

 

取捨選択を最小限にする事で、

時間やお金を確保する為にも早めの導入がいいかと、

とはいえ、クリエイティブ系の若い段階ではオススメしないけれど。

 

ワークライフバランス次第なのでそれは各自で試してください。

 

環境や習慣によって人の生活が作られてしまうので、

そこに着目してみるといいかと思いますm(_ _"m)