家事&配達代行人。

思いついた事、思い出せた事を

年末年始があまり好きではない(´・ω・`)

と、ふと思うわけです( ´Д`)=3 フゥ

 

日々坦々がもっとうな私としては、

人社会の環境の波というのがあまり好ましくないのです。

 

世間では年末年始も連休といった扱いで、

なにする?どこいく?といった話題になるようですし。

 

何かしなければならないわけでもなく、

どこかへ行く必要もないのに、

なぜか休日は散財するようなトリック的な習慣が身についている人が多い。

 

なんで自分の身近な事や場を大事にした上でってならないのだろうか?

 

母は旅行が好きなので色々な綺麗な景色を見て風呂入って、おいしい飯を食べる。

そんな事が好きだから!とはいうけど、

 

地元鎌倉にも綺麗なところはあるけれど、

地元の人程地元を愛さない傾向はなぜだろうか?

というのは、日本ならではなのかなぁ?と。

 

だけどもふるさと納税という、

愛も義も情もないシステムには参加する。

理由は損得。

 

元々アジア人は感情優位型なんだけど、

ここ30年で合理的、論理的、効率的など、

無理やり自分たちの生活を変化させようとしている。

 

けれど、そんな数十年程度で人は変わらない。

 

それが短命の生命体なら可能かもしれないけれど、

高サイクルによる変化。

人間はその逆を行く長命を選び、進化を緩やかにしている。

そして、細胞の劣化の連鎖も始まっている、特に先進国では。

 

そして過去に無償でお互いさまでやっていた事が、

今やビジネスとして再臨しているわけですね( ゚ ρ ゚ )

 

そりゃ生き辛さマシマシですわね。

 

とはいえ、日本社会はこの流れを変えようとしないし、

そんなカオスの拡大をしているオンラインサロンってのが増えているわけです。

 

シンギュラリティとボーダレスの問題点は、無個性。

 

だからこそ、個性を活かせ!と、10年以上前から言われているけれど、

スマホ中毒による隷属化が進み、どんどん人は無個性化が進んでいる( ゚ ρ ゚ )

 

そんなわけで、メンタルトレーニングがとても重要になる。

安易に陥らない為にも。

海外だと民間ミリタリーとかでトレーニングとかできるけど、

日本じゃあまりできるところはない。

 

心を鍛えるのは、心身共にやらねばあまり効果をなさない。

 

僕の世代アラフォー前後世代でもメンタルがとても豆腐みたいな人が多い。

理由は、スポコンが悪と認定された後の社会だからもある。

 

いい事と悪い事の両極性と二面性をマトリクス思考で考えない為に、

善悪の二択しかない人達は、本質を知る事はない。

 

現代のいじめの加害者、被害者問題についても双方を経験したことがない人が、

何をしたって無駄だという事。

 

例えば脳内にエミュレーターとシュミレーターがあり、

ディープラーニングができるなら可能かもしれないけれど。

 

結局は、経験して自分事にならない事は無意味なのよね、情報として。

 

知能を上げても、精神面を育てない現代教育は、

破滅的創造世代ですな( ゚ ρ ゚ )

ここ40年の教育方針。

 

と、なんでこうなった?!( ゚д゚)ハッ!となる私( ゚ ρ ゚ )

 

何がいいたいか?

メンタル鍛えろ!

どうすりゃいいって?

筋トレだ!

マッスル!

超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由

超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由

  • 作者:Testosterone,久保 孝史
  • 出版社/メーカー: 文響社
  • 発売日: 2018/04/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)