タスカジマックの日記と食と、、

( ゚ ρ ゚ )ボーっと生きるスタンス。

どうやら布団が暑いようだ。

今朝はこんな時間に起きている、

そう、早起きなのです。

理由は祖母のデイケアまでの見守り、

食事や薬飲ませたりとね。

 

寝起きで首回りの寝汗を感じて思う。

どうやら布団が暑いみたいだ、。

そりゃぁ、室温との温度差で起きれない訳である。

 

家事代行でマンション宅に伺うと、

暖かいのなんの♪( ´θ`)

ユニクロの極暖なんて着ていくと汗ばむ。。

だが家だと暖房使わんとしんどい現実。

 

やはり高齢者や体が不自由な家庭には、

戸建は向かないなぁ。。

冷えは万病の元なので。

 

なので、体調改善しない人は戸建からマンションに変えるだけで、

生活の質向上に期待ができる。

思っている以上に気づけていない事って多いものだ。

 

温度だけでなく湿度。。

 

もちろんアレルギーや化学系に敏感であれば、

壁紙など住環境の素材に手を加えたりと。

 

個人的に思う快適温度は、ちょい汗ばむ程度だと思う。

特に30過ぎて、普段運動しない人なら尚更だ。

 

家庭内暖房について言えることは、

保温断熱ができない家での床暖房はあまり意味がない。

底冷え対策にはなるけれど、

足だけ汗かくのはよろしくないし、

他のネックが冷えれば意味がない。

 

何気に秋冬は暖房、防寒効果で水虫などになりやすい環境である。

裸足で過ごせるならいいけれど、

特に暖かすぎるスリッパは菌の温床になるので要注意、特に男性は。

 

なので足用のこんな道具があると便利です。

ヘルシーフットウォッシャー(HealthyFootWasher) (ブルー)
 
tone フットブラシ オレンジ TR-15

tone フットブラシ オレンジ TR-15

  • 発売日: 2016/01/20
  • メディア: ホーム&キッチン
 

 意外と知られていないいない道具、フットブラシ。

ミニマリストからしたらなんやねん、、そんなもんいらん!

ってなるかもしれないけれど、

面倒くさがりな人にはもってこいの商品である。

 

これにお湯かけて石鹸かけてあわ立ててね。

たまにはしっかりめに手でケアも忘れずに。

 

工程が逆だけど、

靴の劣化が早くなるのも秋冬である。

寒さによる乾燥と靴内部の湿度、温度差が大きくなるのもある。

 

女性のブーツなんて、日々ケアしないと、

結果はどうなるかはわかると思うけど。

 

秋冬こそ毎日違う靴を心がけるといい。

休ませてあげよう。 

 

個人的には、西洋文化のスーツと革靴を日本に定着させてしまった事は、

大きな失敗だと思う。

理由は着衣、靴のストレス設計がされていない事。

 

足医者もおらん上に、気候に対して着衣、靴が合わない場合が多い。

自己流や流行で見てくれだけ整えても、

中身が崩れてしまっては、元も子もない。

近年は機能性が高まり、

見た目は革靴中身は違うみたいなものが増えているけれど、

それなら格好を変えろよと思うわけです。

 

例えば女性のブラジャーのフィッティングを

しっかりやる人は稀なようだし。

サイズが合わないと型崩れするし、首肩周りや頭の不調に繋がりやすい、

 

男性の靴選びは大抵チェーン店で軽く合わせるくらいだったり、

スーツならセミオーダーくらいはしたほうがいい。

 

子供の靴は見た目を気にいるかどうかなど。

 

計測できる時代であってもあまり利用する人はいない、

けれど、体の不調を訴える人は増えるだけ。

 

日々使うものにこそ投資しないとリスクが上がる一方だし、

物を大切にしないので、それは自分に反映される。

 

安物買いの銭失いが時代変われど改善しないのが現実のようだ。

 

この言葉を思った昔の人すごいと思う。

 

と、いうのも今朝のツイッターのトレンドにあった、

#日本の停滞 の内容がまさにそんな感じかと。

安いニッポン(上)価格が映す日本の停滞 ディズニーやダイソーが世界最安値 :日本経済新聞

有料記事ですが、題名だけでもだいたい想像はつくんじゃないかと。

 

物への関心が、愛着よりも消費や浪費に変わってしまい、

それは人の質をも下げてしまった事。

使い捨てればいいは、社会や環境にも影響を及ぼしている。

とはいえ、ゴミ屋敷、部屋も絶賛増加中である。

物を持ちすぎている時代だからこそ、

ミニマリストやシンプリストこそが活路になっている。

 

社会では人は使い捨てですしねー

人情の時代が懐かしいものですね、諸刃だけど。

 

いつもながら題名からだいぶずれてきたw

 

結局人は対して変わらないので、

昔の生き方を参考にして、

世間に流されず、身近でのんびりがベストなようにも思います。