タスカジマックの日記と食と、、

生活にヒントとアイデアを

家事代行やってて思う事。

どうも、マックです。

なんだかんだで600件超えました( ゚ ρ ゚ )

そして、9,5割が料理依頼なもので思う事。

 

アジア各国同様屋台文化にすればいいのとスーツやめればいいと思う。

だってさ、三食家で作るアジア人って日本くらいっしょ。

男女で役割分担するのをやめようとしているし。

 

とはいえ、男が主で料理する国、女が主で料理する国あるけれど、

それはその文化を維持する為であって、

どちらかの性をないがしろにしているわけではない。

 

近年の日本の思考は、

文化を度外視した他国文化と比較をやたらしたがり、

導入してみたけれど、

日本の曖昧さがアダとなり多くの人が失敗にいたるわけである。

 

成功してるとしたら、

元々日本人が持っていた、新しい物を自分流(自国流)にアレンジする能力。

そして、それを発展させるスキル。

 

これって、どんどん失われているわけなんです。

要は基礎も学ばず、アレンジしてみる人が増えた。

なんといっても、試行錯誤をする機会がなくなり、

勉学を効率的にすすめるようになった。

 

なので今後増える人は、知力はあるだけで、

論理や効率が成立しないと動けない人が増える。

そして、他人を利用せずには生きられない可能性が高い。

 

ここのポイントは共存ではなく利用の点である。

差別化を解消する見込みはなく、

他者をどう利用するかのポイントが資本になるわけです。

 

仮に資本主義から別のものに切り替わるとしたら、

何もできない人達は、おいこまれるわけですけれど、

そのためのAI+ロボットなのかもしれないね。

 

なんで効率化、便利化、知能向上しているはずなんだけれど、

忙しさから抜け出せないのか?

それに関しての正解は、

結局人は進化せずに、道具などが進化しただけなので、

やりたい事があったとしても同時にできる数はかわらない、

一部のツーラーや天才と呼ばれる人は別だけど、

一般人が同じ事しても忙しくなり、自己リソースの蓄えが尽きるだけなのです。

 

なのでやりたい事やりたくない事リストと、

3か月周期で絶対やることリストなどを実行して、

地道に継続ってのは、やはり変わらない人のスタンダードなのかと思います。

 

と、題名からだいぶ離れてきたけれど、

収入を中途半端に増やすくらいなら、

増やさずにそこそこにとどめる方が、疲れない生き方のように思います。