タスカジマックの日記と食と、、

( ゚ ρ ゚ )ボーっと生きるスタンス。

クイックルワイパーと掃除道具について語ってみる。

こんにちわ、マックです。

ちょうど家の掃除してて思ったのだけれど、

僕がクイックルワイパーを勧める理由を書きます。

クイックルワイパー フロア用掃除道具 本体+2種類シートセット

クイックルワイパー フロア用掃除道具 本体+2種類シートセット

 
【まとめ買い】クイックルワイパー立体吸着ウェットシート 香り残らない32枚入×2個
 
クイックルワイパー フロア用掃除道具 ドライシート 40枚

クイックルワイパー フロア用掃除道具 ドライシート 40枚

 
クイックルワイパー ハンディ 伸び縮みタイプ 本体

クイックルワイパー ハンディ 伸び縮みタイプ 本体

 

 家に置いてあるのはこの3点。

本体とドライシートとウェットシートです。

ハンディーは壁とかキッチン以外の換気扇とかまぁ色々とね。

 

なので100均とかである、

ポールの弱い物はやめたほうがいいです。

 

理由は、

クイックルワイパーもそれなりに力を使うからです。

 

ある程度力を加えないと汚れはとれないのです。

特にウェットシートになった場合、

ポールが弱いのであれば、雑巾がけした方が早くてきれいになります。

なので雑巾着脱式のモップもいいかなぁとは思うけど、

雑巾でなくマイクロファイバー布巾でやる方がいいです。

 

つまり!

クイックルワイパーは!ある程度の力に耐えられないと意味がないのです。

たまにやすもんのポールの弱いものありますが、

力の分散が起きるのとズレやすいので、疲れるし汚れが取れにくいのです。

 

だからこそ本製品か丈夫なものを選んで欲しいと思います。

 

次に自動掃除機さんたち。

ルンバやブラーバありますが、 

 これは毎日やるからこそ意味があるけれど、

日があくと結局人力が必要になる代物で、

前提条件として床に物を置かないという事です。

 

子育てをしているお宅だと、子供の物が床におかれて、

自動掃除機の倉庫入りもよくある話で、

バリアフリーも前提条件になります。

 

そういった点でいうと、掃除機は小回りのきく、

マキタにいきつくわけです

マキタ(Makita)充電式クリーナー18V バッテリー・充電器付 CL182FDRFW

マキタ(Makita)充電式クリーナー18V バッテリー・充電器付 CL182FDRFW

 

 

ここで疑問に思われるかもしれない、

なぜダイソンにしないの?それもなんで紙パック?

サイクロン式掃除機の致命的欠点。

メンテナンスをしないと吸引力が落ちる!

そして小回りが利かないし重いしうるさい。

 

当たり前だけど、やっていない人が多く、

ペットや女性の多い家には向いてません。

なぜなら毛が絡む、、そして取りにくい。

よく掃除機のヘッドがくるくる回るけど、

ゴミが溜まるだけなのでやめた方がいい、メンテナンスできないなら。

 

なので僕はパック式をお勧めする。

だってさ、サイクロンからゴミ出す時、

大きめのゴミ袋の中でやらない限り、ほこりまき散らすだけやし( ゚ ρ ゚ )

 

と、いった具合に、

掃除してるつもりで、できてない場合が多々あるので、

自分の掃除方法や道具、、住環境を見直してみるのも、

家事を楽にするには必須かと思いますm(_ _"m)