タスカジマックの日記と食と、、

( ゚ ρ ゚ )ボーっと生きるスタンス。

フェイクニュースが表現の自由なら

おはようございまする、マックです。

今朝のニュースから

フェイクニュース防止法がシンガポールで施行されると。

www3.nhk.or.jp

ツイッターなどでコメントを見ると、

表現の自由がなくなるとあるけれど。

 

そもそも、日本のメディアは、

国政に制御されているので、

既にフェイクニュース大国とも言えるのよね。

制御もするし利用もするわけで。

 

今回の増税や軽率減税に関しても、

情報操作と心理操作を国がらみでやっているわけですけど。

 

なので表現の自由という言葉自体がフェイク。

「ストレス」みたいに適度に使いやすい言葉扱いの造語と思った方がいい。

 

表現の自由ってのは、

愛知トリエンナーレの不自由展に見られるように。

教養も知識も度外視して、何やってもいいになれば、

ただの機雷や地雷のようなもので、

他人を傷つける為の道具にしかならない。

 

環境スピーチで話題になった彼女のような扱い方をされるわけです。

未だに生贄のような構図が社会ニュースで取り上げられる世界、

それ自体が人が作り上げたフェイクの社会なのかもしれないね。

 

なので発想的にはフェイク×フェイク=リアル?ってなっているのかもしれない。

 

フェイクフェイク言っているけれど、

フェイクって、

kotobank.jp