タスカジマックの日記と食と、、

生活にヒントとアイデアを

味噌があまりすきではない理由

今朝、台所から味噌の煮えたぎった香りがした

 

なるほど!

これが私の嫌いな匂いである。

 

それは小さい頃から変わらなく、

祖母と母が味噌汁を沸騰させる。

二代に渡り繰り返されている悲劇でもある。

 

夏場、味噌汁が悪くならないようになら、

多少仕方ないのもある。

それが毎朝数回起きるのである。

 

今は父と祖母の起きる時間にズレがあるため、

味噌汁を再加熱する機会が2度できる。

毎度の事ながら、

熱々が飲めないのにもかかわらず、

沸騰させる母。

 

たぶん習慣づいている為に何も考えないのであろう。

 

と、言った感じに、

悪い習慣であっても、

本人は気付けないのである。

 

それは何度伝えても変わらない。

 

他人がどう指摘しようが、

本人が認識して訂正をしない限りは、、、

 

なので、習慣は最初が肝心。

間違った情報を元に生活基盤が出来上がってしまうと、修正難度が高まる為です。

 

例えば、

ネットで誹謗中傷を繰り返す人にとっては、

行き着いた行動目的が、呼吸と同じレベルで当たり前な日々の行動になる。

罪悪感なんてものは存在しなくなるのだけれど、当たり前を否定されるとどうなるか?

 

それを人格否定と捉えられ、より一層反発力が高まる。

その人にとっては当たり前で習慣化した正しい事だとすり替わってしまっているからです。

 

なので、反面教師を理解した上で、

なぜそういった人が発生するのか?と、

理解と対策を心がけると、

日々の余計なストレスが解消されると共に、

自身も柔軟になれるのではと思います。