タスカジマックの日記と食と、、

生活にヒントとアイデアを

USBの宿命

おはようございます。

昨日充電したはずのiPadさんが全然されていませんでした(´・ω・`)

つまりUSB電源や充電を使う人がたどり着くさき、

経年(回数)劣化です。

 

充電端子の傷や汚れ、

電子機器本体の傷や汚れ。

ここで気を付けたいのが、電子機器本体側である。

 

過度な充電のし過ぎ、挿入口を何かしら対応をとっていないなどげ主原因。

なので、電池のもち具合も考えると、一定値までやらない。

挿入口に関してはゴミが入らないようにふたをするか、

細い綿棒で定期的にケアを行う。

 

とんとんしただけじゃ、中のゴミはでてくれないので。

 

というわけで、挿入型でない置けば充電できるのはとても魅力的である。

ただ、それに慣れてしまうのは注意がいるかもしれない。

え?なんで?と思うかもしれないけれど、

安くて他人の作った物の信頼度はどうなのか?ってところで気づいて欲しい。

 

充電もできるしデータを送信可能な環境にもなりうるからだ。

便利の裏には何が潜んでいるかはわからない。

そして、ナチュラル系指示者にとっては、電磁波などが気になるかもしれない。

 

それなら電子機器持つなっていわれそやけど(*´∀`*)

こんなやつがあるのでね、、

使わない箇所は保護しましょ。