タスカジさんの雑記と食と読書

生活にヒントとアイデアと刺激を

茄子にときめく秋。

秋茄子は嫁に食わすな。

というけれど、

今も変わらず茄子は女子に人気があるのだろうか?なんて思うわけです。

 

きっとカロリーを気にする女子なら、

油を避けて通るに違いない。

 

茄子と油の関係はとても素敵だけど、

たしかに焼きナスも捨てがたい。

 

焼きナスを炊き合わせにするのもいいけれど、

物足りなさがでてしまうので、

鳥の丸でもいっしょにしたいところ。

 

やっぱり油脂と茄子は素敵なんです。

 

例えばミートソースと茄子とチーズ。

想像してください、

表面がフツフツと怒っているかのように、

だけどもその中にはおいしさが詰まっている!

 

味噌田楽もこうしに切れ目を入れて、

表面に油をそっと塗りつけ焼く!

 

水気がじゅわりとにじみ出てきたら、

グリルの火を止め軽く蒸らす、

 

落ち着いたところに、味噌を塗りつけ、

表面を焼き付ける、

そうぞうしただけでヨダレものである。

 

山椒も欲しくなるね。

いやいや七味でしょ?と喧嘩になりそうだ。

 

秋茄子さんは、皮が硬くなるので軽く剥くと食べやすい。

ピーラーで模様をつけるようにね。

軽く水にさらして色味を保持したいところだけど、待てない私はきってすぐ炒めたりしてしまう。

 

揚げ浸しと煮浸し。

煮浸しや炊き合わせになるならば、

お出汁がきいてると素敵だけど、

家庭によくあるパックだしじゃ物足りないので、結局追い鰹しちまうね。

 

揚げ浸しも、油抜きをするかしないかでかわってくるねー好みやな。

 

秋の揚げ出し豆腐と素揚げ茄子のコラボほど、

美しいものはない。

あぁ、生姜とかして、はふはふしながら食べる自分が想像できる。

 

おろしやなめこもいいけれど、

シンプルに葛であんかけですな。

そこも分岐点。

 

世の中には分岐点が多いねぇ。

 

茄子一つとっても私を惑わせる。