タスカジマックの日記と食と、、

生活にヒントとアイデアを

チートデイ2回目(甘味控えめ生活)

今日は朝からピーナッツコッペを食す。

週に一度のチートデイ!

世間でいうチートデイとは違い、

食べ物の特に甘味の誘惑に負けていい日にしている。

 

人の意志力を強くするには、

曜日か一日の中の時間を固定するのがいいのでは?と思い、

試しているところです、今現在2週目。

 

目標達成のプロセスを大中小の分けると、中長期な事を試しています。

糖質に慣れすぎてしまうと、思考が鈍るので、

この先は週1を2週1、3週1、4週1として月1にしようかと。

 

人の内部改良をするなら、3ヶ月!

それは組織の入れ替わりにそのくらいかかるため。

なので何かを始めるならば3ヶ月耐えてみよう。

耐え抜いたなら、習慣の入り口に到達できる。

 

習慣の入り口にさえ入れば、

あとは継続するだけ、、

ただ、色々な誘惑や条件に合わないなどがあるだろうけれど、

それを柔軟にこなせる思考も身につけられるかもしれない。

なので、チートデイを使うのも一つの手段として。

 

そのために自己分析で、

自分の心身的な弱みと強みの把握がとても大切になる、

意思と無意識と仲良くするためにも。

 

心身で意外と現代人は、体について無頓着である、

女性ならダイエット、男性なら筋トレとかその程度。

一番大事なのは柔軟性である、、

なぜなら柔軟性がないと、動きが鈍くなるし、血流も悪くなるから。

体が動きにくくなると、連動して思考や視野も狭くなる、

なのでヨガがずっと人気があるのも頷ける理由かと思います。

とはいえ、のめり込みすぎて変な方向へ行く人多いけどw

ただ、価値観や自分軸がないよりはいいと思います。

 

本から学べる事で、

現代多くの情報が出ていて、占める割合が高いのは筋肉と食事程度ですが、

神経や関節など、人体アトラスで体全体を捉えられる位に掘り下げる、

そのくらいまでが理想だと思います。

体は部分単位で動いているわけではないので。

 

例えば、肩こりの原因にしろ、肩以外多くの部位が関係しているので、

マッサージで一部分だけ血流をよくしても、一時的な物になるので、

消費でなく浪費になってしまう可能性が高いのです。

 

何と言っても万人に効くを期待したいなら、

「ラジオ体操」を始めてみるがいいと思います。

できれば、毎朝同じ時間に起きて同じ体操を繰り返す、

たまの気分展開に違うパートの体操を。

 

という、手軽な物があるにも関わらず、色々な物に手を出したがる。

疲れているからという理由で疲労スパイラルに言い訳をし続けるよりは、

動物なので体を動かすにシフトする事をお勧めします、

動く体を持ち合わせているならば。

 

私は行動制限があるのでできないですけど、

走ったりジャンプしたりとね。

 

そんな健常者ではなく、障害者認定されているわけでもない人がたくさんいるけれど、

そういった人向けの情報は少ないし、今話題の自己責任論に巻き込まれやすい。

なんて不便なんだってのを感じているので、

ぜひ動かせる体があるなら動きましょう(`・ω・´)