タスカジさんの雑記と食と読書

生活にヒントとアイデアと刺激を

僕とビリヤニ。

ビリヤニ自作歴はまだ浅く、無知な部分は多いけど、なぜビリヤニを始めたのかを記す。

 

それはタスカジという家事代行サービスに登録して、しばらく経ってからの事です。

 

掃除と料理の依頼が入ってきました。

 

いざ行ってみると、

掃除はナチュラルクリーニング!

キッチンにはスパイスラック!

土鍋や鉄鍋はあるけれど、

テフロンや圧力鍋など不自然なものがないお宅でした。

 

それまで僕はスパイスに触れていません。

どう使えばいいんだぁ??とか悩みましたが、

最初はとりあえず味醂と醤油と塩でなんとかしてみました。

 

その時の私は、スパイスといえばインド!

インドといえばバラクパニール(ほうれん草とチーズの緑と白の)

普通の人ならバターチキンだろう!

そう、その程度しか知らないのでした。

 

そのお宅へは隔週の定期で行くことになりました。

そしてせっかくスパイスあるのだからと料理に使ってみよう!

ターメリックやクミン、コリアンダーはいいとして他はどうしたもんだろうか?

 

そこから浅く広くではありますが、

スパイスに関する勉強を始めました。

 

その流れで東京カレー番長の存在を知ったり、

東京カリ~番長の水野仁輔がスパイスを届ける理由。 | feature | HOUYHNHNM(フイナム)

本の出版イベントに参加したり、

スパイスパズルを体験したりと今でも続いております。

ちょこちょこスパイスをかじったり。

こうえんじまきとのようにね。

華麗なる食卓 1 (ヤングジャンプコミックス)

華麗なる食卓 1 (ヤングジャンプコミックス)

 

 

ヨガのイベントにヨガ以外の為にいったりw

だけども、理解は深まらずでした、

試作を全然していないからですね(*´-`)

 

知るより慣れろです!

インプットよりアウトプットの重要性が身にしみます_(:3 」∠)_

 

話戻して、そんな感じで何度か伺ううちに、

たしかオススメのお店の話になりまして、

鎌倉のバワンというお店の話になり!

鎌倉バワン(鎌倉/カレー) - Retty

 

ビリヤニというものを知りました。

それまでインドカレーはナンとマトンでしょ!とか言ってた私がです、ほうれん草カレーは何処へ?w

聞いてすぐに実行せずにいたのがもったいなかったと今でも思います。

 

ビリヤニ話を聞く中で、

「日本でおいしいものに出会えない!」

「出来立てがおいしい!」

「作るのにめっちゃ時間がかかる」など、

気になるフレーズが刺さったのかもしれない。

それがひっそり自分に根付いていたのかも。

 

翌年からやろうと思って始めたのがそれからさらに一冬越えてからでした!w

 

その間に食べたビリヤニはちょびっとだけ、

熱しやすく冷めやすい私らしい。

とはいえ、熱しにくく冷めにくい時もあるのでセルフサポートをしておこう(*´-`)

 

きっと、まだその時でなかったに違いないと自己都合をつけつつw

 

その後に新橋の虎ノ門ヒルズでタスカジする機会がありまして、道すがらなんとビリヤニ!と看板に出ていたのです!

忘れた頃にやってくる。

Nandhini – South Indian Restaurant

 

そのお宅へ何度か足を運ぶうちにビリヤニを堪能しました!

味と香りとバランスが素敵ジャマイカ!

ついでにレモンライスなるものも。

 

ってので、思い出したかのように作ろうと行動したのがその半年以上経った後である。

さすが、日本人腰が重い!w

 

右往左往があったけど、

それまではIKEAで働きながらタスカジやってたもんで体に余裕がなかったのが真面目な理由です。

今はまだタスカジだけなので何か始めよう!でビリヤニが芽を出したのです!

 

やったことないのでYouTubeで動画を探してみたら、

参考になる動画がない!

ってな事でついでに作ろうと思いました!

 

とはいえまだ自己流でやっているので、

今度ビリヤニ協会のイベントに参加してきます!

www.biriyani.info

8月17日に(ΦωΦ)フフフ…

 

そして、本のレシピ通りに作ろうかと。

本通りに作るとうまくいかない、

不思議な能力を持った私ですが頑張ります!

もしかしたら、悪魔の実のせいかもしれないアウーン∑(-∀-ノ)ノ

 

あとはビリヤニ屋さんが勧めるビリヤニって企画もやろうと思っています。

近場のオススメと遠出してまで行きたいお店!

 

何より最終目標は教えて頂いた依頼者さんに満足いくものを作る事です!

それと普及活動への参加です。

 

糖質ダイエットで苦しんでいる人に朗報なのが長細米、日本のコメと違って糖質控えめなので、ちなみに日本の研究者がアジアでおいしく糖質の低い米製作中らしいです。

 

ってな事がビリ活始めた流れです。