タスカジさんの雑記と食と読書

生活にヒントとアイデアと刺激を

文字がどんどん弱くなっていく。

こんにちわ、マックです。

来年の5Gからより一層文字の力が弱くなりそうです。

・動画作成&編集

・コンテンツの台本製作、演出

・演者

ここらへんが需要増えるでしょうし。

Vtuberや絵師さんによるアニメーションも増えるでしょうね。

 

ただ、ここ10数年で思うのは、

元の製品を作る人が減ったという点。

 

何か流行りそうな物(コンテンツ)があって、

それを加工する人は増えたけれど、

何もないところから何かを作り上げる部分。

 

そう考えるとZOZOはまだまだいけると思います。

スーツの前にシューズやればというのはありましたが、

まだヘッドギアで仮想世界で買い物にはほど遠い技術の中、

3Dモデリングを家庭で簡単には画期的!

 

最近ではクラウドファンドが当たり前になりつつあるが、

ただのショッピングサイトになりつつある部分がある。

過去のほとんどのプロダクトがフリマやアマゾンで売られる現状。

新製品を安く仕入れ差益を求める転売ヤーも存在するわけです。

 

従来の0からよりも、ある程度成功した作品を別のクラファンで資金運用する。

なんだか本末転倒な気もするけれど、

ビジネスとして成立してしまっているので、それが正解になるわけです。

 

それは過去のビジネス書の叡智を

表現などを変えて作り替え販売するのと大差はないのだけれど。

その人が主張したらそれがその人の物になる。

 

ネット社会で言う権威性とは、、

過去の偉人を知らない人にとっては、

発信した人が権威になるシステムでもある。

 

書籍やセミナーなどで色々な情報を得てふるいにかければ、

「あぁ、なるほど」程度が、

「すごい!神!ついていきます!」みたいな信者を生む構造。

 

神のお告げを信者は信じ、色々な物を買ってくれるんですね。

それは時代変わって形変わっても不変なのかもしれないです。

 

それらを踏まえた上で人が恐怖しているのがAIなのかもしれませんね。

権威性というのが場合によっては、消失しかねないですし。

めっきを剥がされる可能性もあるので。

 

とはいえ、現代は文字と映像のダブル構造がベストなんだと思います。

 

次はいよいよ仮想空間でしょうかねー?

デビルサマナー思い出すw

デビルサマナー ソウルハッカーズ - 3DS

デビルサマナー ソウルハッカーズ - 3DS

 

 ある意味でアトラスは先を行き過ぎたのかもしれない。