タスカジマックの日記と食と、、

生活にヒントとアイデアを

たまに見る濃いめの夢の話をしよう。

たまに目が覚めても残っている夢がある。

 

今朝の夢は部分的に残っていて、

とある女性が私に助けを求めにきました。

 

どうやらおかしくなった男性(彼氏さんなのか弟かはわかりません)が、

何か良からぬことをしかけようとしたみたいで、

マンション2棟あり、住人全員に何かをしようとしていると。

 

マンションは二つとも高層ではなく10階程度。

手前にあるのは四角形で奥にあったのは円形のマンション。

 

なんにせよ最後までたどり着けなかったのは、残念でした。

肝心な男性にたどり着く前に目覚めてしまいましたし。

 

どんな人がなぜそんな事をしたのか?

今回はアニメの世界っぽい感じでした。

 

印象深かったのは、マンションに近づいた時に、

若い感じの女性がフラフラしながら何かよくわからない言葉を発していて、

僕を呼んだ女性が何かの症状だ!急ごうってのは覚えています。

そしてマンション脇に老婆がふらふらしている姿も。。

とはいえ、悲鳴などがあがっていたわけではなく、

シーンとしたなかの恐怖感みたいなものはありました。

 

目覚める直後に爆発っぽいのがして、びくって起きたで終わりです。

( ゚д゚)ハッ!

 

といった感じのをたまに見るわけです。

生々しいものから、あきらかに夢でしょ?ってのまで。

 

前に見た外人のやつは怖かったですね。

実際事件として起きてなければよいのですが。

強盗?みたいなのに家族か友人の集まりかわからないけれど、

自分もですが殺されていくやつ、明らかに外人でしたね自分も含め。

 

夢について言われているのは、

その人が蓄積した情報から構成されていると一般論で言われていますが、

毎年定期的にみる同じ夢、徐々に内容に変化あったり。

予知夢っぽいやつ、311地震の前の年は黒い中に数字だけのヒントであったり。

まったく知らない他人の世界?夢?を共有しているみたいのであったりと。

夢の研究者って難しい分野やと思います(;´・ω・)

 

それも自分と他人の情報ってのも、ずれが生じるもので、

伝え手と受け手が一致するというのはなかなかないです。

 

印象深いのだと、殺されるってのはよくありましたねー(*´∀`*)

あとやたら追いかけられるやつね、ゾンビ物は夢だなーとか思いつつ。

たまに無双系もありますし、、

ただ食卓を囲んでのんびり家族で飯食べたりとか、、

もちろん、全然知らない家族たちとね。

記憶にある風景がつぎはぎで繋がってたりと。。

 

そんな事もありデジャヴも結構あるのです。

まぁ、普段から記憶があやふやなのもあるので、

それに関してはなんとも言えないけれど(*´∀`*)

夢と現実の区別がつかなくなっている説もワンチャンある(*´∀`*)

 

そんなもんで、思考が飛んでいるのかもしれない(*´∀`*)