タスカジさんの雑記と食と読書

ゆるっと生活にヒントと刺激を

熱中症予防と冷えのダブル対策が必要な時期の始まり。

こんにちわ、マックです。

今日も夏日で30度越えるそうです。

冷たい物がおいしく感じる時期の幕あけですね(´・ω・)

f:id:mac_taskaji:20190606145637j:plain

とはいえ、体を中からダイレクトに冷やすと、

消化不良や寝付きの悪さに繋がり、

夏バテ体質になってしまうので気を付けましょう。

 

夏と冬に共通する事なのです。

日中と就寝前後の水分補給が大切になります。

 

対策として

・日傘か帽子を利用する

今年は男性にも日傘を推奨しているようですが、

日傘を僕は勧めません。

 

理由は他人とのトラブルになりやすいからです。

特に背の低い女性が日傘を使うと男性の目に直撃など、

気付かずにトラブルになりやすいので、

個人的にはつばの大きめの帽子の方をお勧めします。

 

・冷たい物をちょこちょことるようにする

題名にもあるように、冷やしすぎないようにするのも大切な事で、

がぶのみで楽になるのは快楽的な対応になり、反動が起きます。

なのでストローなどで一気に飲めない事が大事です。

 

お子さんですと一気飲みをしやすいので注意です。

そのまま夏ばてがひたすら続いたり、

しんどさが残る可能性もある上に、

風邪などの夏の疾病に対応しにくくなるからです。

 

とはいえ、お子さんは熱が発散しにくいので、

冷えピタなど持ち歩くのもいいと思います。

お出かけの際にはトイレの場所も確認しましょう。

 

・空調が利くなら積極的に温度を下げる

我慢せずに快適に過ごしてください。

これから梅雨いりすると思うので除湿。

冷やしすぎない温度25~28度の

個人の感覚と家の耐熱性に合わせて変えてください。

 

理想は、就寝前までにエアコンで部屋を快適にして就寝。

タイマーを入れておいて、起床の30分前に部屋を快適にする事です。

熱帯夜になるようでしたら、就寝後3時間後くらいにタイマーつけるといいかと。

 

そうする事で疲労回復と朝のだるさ軽減になるかと。

 

自分もひと昔前ならエアコンなしの自然の風で十分でしたが、

さすがにエアコンなしでは無理な環境になっています。

理想は、寝る前までは半そで半ズボンで

寝る時は寝間着などに着替えするのをおすすめします。

 

本格的な暑さが来る前にすべき事があります!

それは、汗をたくさんかくことです。

普段から運動されている方ならいいのですが、

それ以外の方ですと、かきなれない汗がアダとなり、

疲労の元になったり、体調維持が困難になるからです。

 

汗の機能を開花させよう!

最初はうっすら汗をかく程度のウォーキングから徐々にならして、

大粒の汗がでるような運動へシフト。

だいたいそこらへんまで体を目覚めさせれば、

汗をかいた際の熱のひく具合がよくなるかと思います。

 

それか毎週サウナなど行くのでもいいと思います。

とりあえず、普段から汗をかくことがない人は必須!

熱中症に気付けなくなってしまうからです。

 

なんにせよ首都圏などは、外を出歩かないがベストチョイスです。

室内ですごしましょう(*´∀`*)