タスカジさんの雑記と食と読書

ゆるっと生活にヒントと刺激を

炊き込み&混ぜご飯にすれば色々と解決する。

こんにちわ、マックです。

ビリヤニを作り始めた背景として、

炊きこみ&混ぜご飯と

副菜や汁物などで、食事はいいんのでは?

なんて思うわけです。

 

おかず+ご飯って楽しいし。

ご飯とおかずは別じゃなければいけないと思うなら、

そこまでの話だけど。

 

ビリヤニは、カレー(グレイビー)+米+αってな式になる。

そこのカレーの部分を日本人のおかずにすればいいんじゃないか?

そう思うわけです。

 

白米信教の人は、「不純だ!」と、言われるかもしれない。

卵かけごはんとトロロかけの時は白米の方がええね。

 

なので第二弾は、麻婆ビリヤニを作ろうかと思っている。

すぐに型を崩していくスタイル。

 

米に乗っけるスタイルではなく、

あえて混ぜ込んでいくスタイルを選ぼうと思うわけです。

 

さて、なんでそんな提案をするかというと。

炊事って、もっと自由で簡単で楽しいよって思うからです。

 

家事代行先やニュースで度々でる、

亭主関白タイプで常に主菜、副菜を多く出せとわめく人。

レシピサイト見てそれ以外できないと凹む人。

そもそも料理がストレスってな人達の為に。

弁当ももっと楽になりまっせ!

 

土井さんの言うように、一汁一菜に対して、

一汁一菜でよいという提案

一汁一菜でよいという提案

 

 刺激や楽しみをプラスする感じですね(*´∀`*)

 

それもベースの部分を作り置きして合わせるとか、

レトルトで代用すればいいじゃない?

なんてな発想に転換できれば素敵ですね(*´ω`*)

 

結構、手抜きといわれる部分を気にする人が多いけど、

不要なところを作りこむ必要なくね?

ここレストランじゃないし、、って思う事があるわけですね。

 

習慣やブランディングならそれでいいと思うけど、

毎日インスタなどのSNSにあげるもんに対してはね。

 

ただね、食事に対して興味ない人に対して、

作りこみって無駄だと思うんですよ。

 

自分の口や体に合うように作りこむのは正解だと思う。

 

だからこそ、

まずは手軽な方法で色々食べれる、

そして、おかずにしてしまうと味付けが濃いめになるのを防ぎ、

食べ過ぎないようにできるシステムとしての、

炊き込みや混ぜご飯の提案ってな形でございます。

 

そんな内容を継続してあげていこうかと思います(*´ω`*)