タスカジさんの雑記と食と読書

生活にヒントとアイデアと刺激を

ネガティブとポジティブは、その人の状態次第( ゚ ρ ゚ )

おはよう!

今朝ひんやりするなぁと思って、

毛布気持ちええやん、、ぬくぬく(¦3[▓▓]

( ゚д゚)ハッ!

小窓あけっぱやった!

で、おなじみマックです。

 

ポジティブネガティブというのがあるけれど、

ちらっとポジティブ調べると、

なんだかピンとこないね、、

だれかもっと素敵なカタカナ言葉の解説サイト作れば、

伸びるんじゃないか?なんて思いつつ、

本題に入ろうと思う。

 

基本人は、ネガティブだ!

なんて事いったら、「いやいや何言ってるのこの人きしょい!」

なんて言われそうやけど、

人とは常に何か不安を抱えて生きているわけですよ。

 

それこそ生存本能ってのが未だに残っているわけで、

不安やマイナスイメージ(ネガティブ)を日々思い(抱え込み)

よい方向へ反転(ポジティブ)にする行動を選択しとうとするわけで、

面倒だとマイナスな思考が徐々に浸透(蝕んで)いくんじゃないかな?

 

穢れ解放しないとね、、きゅうべぇ想像した人いそう(*´∀`*)

そういった行動で

本人はマイナス部分を放出できていいかもしれないけれど、

その場にマイナスが発生すると他者はどうなのか?

 

本人からしたら、すっきり(`・ω・´)シャキーン

他人からしたら、うっぷん溜まってたんやね、、

など視点が変わると受け取る意味合いが変わるわけです。

 

なので本人すっきりしたのに、

よくある声かけ

「大変だったね」(復活の呪文

まさに戻そうとしてきたりするわけです。

 

まさに呪文!のろい!

 

ってのを息をするように意識しないでいると。

わからずや!

偽善者!

などなど、名称が変わっていくかもしれない。

 

そして、最初に戻り

基本人は、ネガティブだ!

ここに反応する人は、過敏症になっているので、

ちょっと心が荒廃してきているのかもしれない。

 

ってな感じに、

人は言葉に影響されやすいので。

他人から自分からの言葉や読み物やメディアから発せられる、

文字に気を付けてみるのはどうでしょうかね?