タスカジさんの雑記と食と読書

家事代行でシェアリングエコノミーに触れた人の日常。

行きつく先は落語。

そういえば、最近プログラミング系統やってないw

三日坊主に定評のある私です。

 

とはいえ、まったく諦めたわけではなくて、

今はライティングに集中しているわけです。

ちなみにこれは日記なので、

だらだらいつも通りなのは変わらないです。

 

ライティングの本を読んで思うのは、

とてもおもしろい世界だなぁって(*´ω`*)

落語がやっぱ必要なんだなぁと思いました。

 

ようは発想とその転換と相手に合わせて組み換えするってのは、

落語学べばそのまま活用できるじゃん!ってな結論に。

 

今更ながら中学の部活とかに落語研究会とかあればなぁとw

それか吉本新喜劇研究会でもいいと思うよ(*´ω`*)

 

なので今回おすすめする本はこちら。

笑育(わらいく) ――「笑い」で育む21世紀型能力

笑育(わらいく) ――「笑い」で育む21世紀型能力

  • 作者: 松竹芸能事業開発室「笑育」プロジェクト,井藤元
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞出版
  • 発売日: 2018/04/20
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

まさかの松竹芸能さんがやっているんです。

なんで他の芸能さんもやらんのだろうか?

 

こんな体験授業あったらめっちゃおもろいやん!

ってな内容になってます。

 

そう現代病とも言えるコミュ障!

それに効く処方箋的な存在になると思うので、

是非導入してもらいたいものです。

 

人を笑かす、喜ばせるに、

楽しさや喜びを得られると素敵ですねん(*´ω`*)