タスカジさんの雑記と食と読書

生活にヒントとアイデアと刺激を

lifeshift漫画版を読んでみた。

漫画なので10分かからず読めました。

 

原書は左で、漫画化が右です。

 

漫画読んでみて思う事は、

・いい点

読みやすくすらすら進む

大まかな概要がわかる

 

・悪い点

漫画によって概念の固定化による発想への阻害。

あまり頭に入ってこない

300円なら買うかもしれない、、

 

最近ではビジネス書や学校教材の漫画化が進んでいる反面。

理解に達せられるか?となると、興味はひけるがその先は自分次第。

なので漫画版よりは原書の方を勧めます。

 

要は、人生100年時代の人生設計を、

今までの過去の世間一般人のルーティンでは、

なにも楽しめないし、狭い世界でしか生きていけない。

漫画の中ではあくまでもその国の中での考えだったので、

もうちょっと世界を取り入れてボリュームアップすれば、

漫画でもおもしろく、浸透するような内容になっただろうが、、

いかんせん薄っぺらいので、、その中ですべてを表現するのは困難だろうと思います。

 

一番の疑問は、どの世代のどういう人宛なのか?

漫画の中身ではいまいちピンとこなかった(´・ω・`)

 

原書はまだ読んでないので推測ですが、

きっと全年齢に対して、いつでも自分の意志で人生は変えられる!

先進国においての医療や環境の整備により、必然的に長寿になっているのだから、

もっと世界を見渡し、自分自身と向き合って、よりよい人生を歩もうって本では?

 

なので過去の否定的な意見な人よりも、

社会に染まっていない人向けなのかもしれません、

そこから旧世代の人達に伝われば、素敵な循環になるのではと私は思います。