タスカジさんの雑記と食と読書

生活にヒントとアイデアと刺激を

石床の上での活動はしんどい。

前の職場のIKEAもせやけど、

硬めの床の上での活動が、どれだけ足腰に影響するのか、、

たぶん、体がたこみたいに柔らかい人にとっては、

たいした問題ではないけれど、

それ以外の人にとっては、

そういった環境下に長らくいるという事は、

将来的に負債を貯める行為だって事です。

 

なので靴下や靴がとても大事になる、

室内やとスリッパ。。

 

なので予防策としては、

小さいうちからストレッチを習慣化しておくこと、

柔軟性は後々に響くし、習慣化してしまえば復帰もそんなにかからない。

 

ちなみに下半身太りが気になる人は、

自分の生活圏、労働環境をチェックして欲しい、

原因が床が硬く、それに対して靴に投資していない可能性や、

治療院へいくよりも、ヨガ、ピラティス、ストレッチ系マッサージなど

選択肢が他にもあるということ、

意外なところでは、けんだまやダンスとか。

 

小さい頃から体が硬いのもあり、冷え性です。

30年前の医療やスポーツ知識なんて、

今じゃほとんど覆されているからね(´・ω・`)

事故やケガも結構したし、

スポーツ関連で、うさぎ跳びとか変なのたくさんやらされたし(´・ω・)

そんなのが積み重なってできあがりましたこれ。。

 

足のけがは結構しているもんで、、

両足首捻挫、両足打撲、ふとももずっぱし切ったり、、

捻挫は癖になってしまって困りものである、、

折れた方がだいぶましだったんだろうとは思う、

今の医療で適切なところが身近にあれば救いだろうけれど。。

 

ってなわけで、石床でクッションなしで過ごせる人すごい!

と、思いました(*´ω`*)

老化と共に、クッション機能が失われるので、

昔のように歩き回るのが当たり前の時代の人でさえ、

結構しんどい環境なんよね。

それが老化と共にじわじわと浸透していくように。

 

なので足腰トレーニングしている人にとってはたいした問題ではないけれど、

それ以外の人にとっては、重大な問題だと思っていた方がいいです。

 

病気やケガはほとんどが急になるものじゃなく、

積み重ねから起こるものなので。