タスカジさんの雑記と食と読書

家事代行でシェアリングエコノミーに触れた人の日常。

なにもしないよりはした方がまし。

創作意欲がなくなるとどうなるか?

 

こんちゃー、マックです。

今朝のがっちりマンデーの8時前位のやつで、

スイッチ一つで調理できるを見ていた母が、

家にも導入すれば楽ちんね!と言ってて思うのが、

 

考えなくていい、やらなくていい、楽でいい、、

こうなると生活に使うリソースが減るので他に充てられるので、

いい事だ!と思うのが一般的だけど、

 

私は逆に思うのですよ。

人が行動をしなくなると、機能も思考も低下する。

それが既に始まっているけれど、

どんどん人は楽で脳を使わない道を選び、技能も低下する。

 

20年以上前にネットの記事で読んだ物で、

「なぜ日本人は長年培った物事を手放すのか?」ってのを思い出す。

 

先週の沸騰ワードで出ていた発明家の少女について思うのは、

そういう行動が今や珍しいという扱いであること。

つまりは現代のほとんどの人は、

創作する事が珍しいという扱いになっている

のかもしれない( ゚ ρ ゚ )

 

前に編み物しているときでも思うのが、

器用ですね、すごいですねと言われるけれど、

その言葉の意味は、買えばいいじゃんで済まされるわけですよ。

 

なんで時間をかけて低品質な物作るのかわからない、、

それが現代的な思考で、、プロに頼めばいいじゃないか!

 

ただそこで考えて欲しい

 

頼んだあなたはそれ以上の価値を創造できるのか?

自分にしかできないスキルや思考はあるのか?

余剰の時間を有効活用できているか?

 

何かをやめるならば、何かを始めないと、

どんどん衰えていくので、

最初から何もしない方がいいのかなーとも思うけど、

何にせよ、しないよりはした方がいい。

ぼーっとできるのは、ぼーっとできる人の特権なのです。