タスカジさんの雑記と食と読書

ゆるっと生活にヒントと刺激を

おじさんが亡くなったけど、特に何も覚えていない件

今朝、近場に住んでいるおじさんが亡くなった。

原因はガンである。

 

昨日意識飛んだみたいだし仕方ないね。

 

さて、祖父と同じように身内から疎まれているタイプだったもんで、

子供達が父に会いに行く事はなかったようですけど、どんだけ仲悪いねんw

 

誰からも嫌われる体質の人達は、なんで自分を変えようとせずに、

そのまま我を通すのだろうか?ってのが不思議なんよね。

 

私は好かれようが嫌われようがどうでもいいけど、

誰からでも嫌われ、相手にされないような事をしていないかもしれん。

そうなると面倒な事になりそうだからかもね。

 

とはいえ、おじさんが入院後会いに行く事はなかったなぁー

遺言ビデオ撮りにでも行こうかと思ったけれど、

子供達があまりにも嫌悪しすぎているので、

とっても無駄かなーと思いつつ、

冬季は活動限界があるため、行動にうつさんかった(´・ω・`)

せいぜいネットの処理代行くらいは受けておけばよかったかもねー

一応ネット使う人やったし。

 

なので死後のあなたのネットを処理しますって商売いいかもねw

とはいえ、個人情報を任せられる相手じゃないと難しいし、

言質とっても親族は信じないだろうしなぁ。

 

人が死んで最初にやる事が、財産計算って人が増えたのは悲しいもんやね。

たしかに相続がすごかったら一大事だしなw

 

なので終活は早めにやるべきだと思います。

泥棒にそれ見られたらあうとやけど(*´∀`*)

 

死後処理って結構大変なんよねー

相続含めると半年で終わればいい案件。

遺言と相続、譲渡などなど、いまだハンコ社会で、

死亡届出したとしても、企業は知るわけもなく。

まぁめんどうなんすよ。

 

個人的に終活はじめは40代からと思っております。

 

はやい!って思う人は、

生きているのが当たり前とお考えのようで、

自分の生活が見えていないのかと思います。

人生において早いってのはないんです。