タスカジやりつつ、のんびりだらだら。

タスカジやりつつ、日記なようで業務連絡みたいな。

昨日は一日なんもしなかったなぁ( ゚ ρ ゚ )ボー

( ゚ ρ ゚ )ボーっと生きてんじゃねぇよ!

って言われるけれど、

荷物受け取りまで留守番と言われて、待っていたら。

日が暮れて、こなかった(´・ω・`)

 

そしたら、金曜日だった、、とな。

 

荷物きたらでかけようと思ってたもんで、、

のんびりしてたら一日終わったやつ。

 

まぁ、配送先に電話するなりすればいいけど、

そもそも母に連絡取れないので、番号わからず。。。

 

仕事を辞めた母は、抜けている。

つまり習慣を辞めた事により、ボケてきている。

というのは、50代からは気を付けるべき点である。

 

何かを辞める時、一気にやめてしまうと、

その反動で何かしらを失う可能性が高い。

なのでやめる際は、それに近い行動をしつつ、徐々に減らすなり。

 

年齢が上がるにつれ、リスクがあがるということ。

特に当たり前領域までいっている事は、とても厄介である。

 

なのでもし、ボケたくないなら。

っこんでよと言える余裕が欲しいw

 

なので長期雇用という事の弊害でもあり、

一時増えた、リストラとか退職時の男性が、

スーツに着替え何もしないゾンビみたいになっていた正体。

 

既婚女性に言えるのは、

早い段階で家事離れをすることです。

家事をやめると一気にボケます。

特に料理!

なので、合理化や効率化や外注せんと。、

ある程度までの年齢で、ケガをしてしばらく料理ができなくなる。

そうなると、一気に脳の退化が進んでしまう。

なので、手抜きできる段階まで行かぬなら、

男性の家事参加を推奨する。

週に1,2度でもいいのでやった方がいい。

 

そこには、パートナーがいるからいいやっていうバイアスがある。

人は突然死ぬときもあるし、

相手に気付かなければそれも突然死として認識される。

さてはて、今まで相方に任せていた事ができますか?

ってなると、頭が処理できなくなる。

たしかに、片方ができれば補助してもらえばいいかもしれないけど、

いなくなって何もできないは、

そもそも生活が成立していないようなもんです。

 

それが大金持ちで常に家政婦(夫)や執事がいるなら話は別だけど。

 

それだけ当たり前に生きているんですよね(´・ω・`)

 

という感じに、小学校低学年で死生観を形成した為に、

感情が薄くなってしまったようです( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

 

ついでに、離婚で失敗する人が多いのは、

相手に依存し過ぎていて、

当たり前な事になってしまい、鈍感になり、

色々な物を受け取っていた事すら気づかなくなり。

手放した後に後悔をするという。

理由のほとんどが自己中な発想なんだけど、

いない相手にすべての悪をおしつける。こわいこわい。

 

そして、残念ですが女性側に離婚で慰謝料目当ての人が少なからずいる。

グレーゾーンの詐欺だよね。

女性に対する法は甘めにできているので。

痴漢の冤罪も増えているようなので、

ほんとこわいこわい。

 

まぁ、一つ言える事は、

いつ死ぬかわからないので、

もっとああしとけばよかった的な人生を選ばない事やね(*´∀`*)