タスカジやりつつ、のんびりだらだら。

タスカジやりつつ、日記なようで業務連絡みたいな。

屋台が復活すればええんでない?

久々にコンビニ寄って、

イカフライ食いながら思ったんよー

日本はもっと

手軽に食べれる屋台があれば

元気を取り戻せるんでね?

 

現在の日本は食べ物に関して、

もっと気楽に楽しく食べる、

そんな文化が必要だと思う。

何かのついででなしに、

食を中心に楽しもうぜ!

 

食事自体が当たり前になってしまい、

あまり気にしなくなっている、

それはとても危険なことである。

 

気にしないと言う事は、

自分の好きなものを食べ

自分の嫌いなものを避ける

それはつまり社会のつながりも同じになる。

 

社会に関しては、

嫌いだったものが

もしかしたら役に立つ可能性があること。

相反する意見は、

自分の気づかなかったことに

気づくことができる機会でもある。

当たり前の事だけど、

それは重要なことである。

 

食事は人にとって、

1番簡単で1番効果的な、

人生でコントロールのしやすい事なのである。

 

さて、話を戻して

なぜ屋台なのか?

それはアジア諸国の食事情を紐解いてみよう。

何せ、多くのアジア人は朝食を家で食べない

なんで日本人は家で食べるの?

って、日本では当たり前なんやけどね(*´-`)

 

もう日本の場合は、

食品衛生法で

どんどん何もできなくなっている。

まじレバ刺し食べたい。

 

愚痴はさておき、

 

そろばん帰りに肉屋で買ったコロッケ、

いまやコンビニですからねー駄菓子も。

 

なので食品の価格と税率を下げるべし!

そして、法規制の緩和やねー

できなきゃ、この国終わるレベルな事なんよ