タスカジさんの雑記と食と読書

ゆるっと生活にヒントと刺激を

魚を使う時は何気に水煮缶が便利な件。

こんばんわ、マックです。

タスカジで結構お魚を頼まれるのですが、

個人的に生魚よりオススメするのが、水煮缶詰です。

味噌や醤油味であっても加工できます。

 

なぜ缶詰か?

1、骨まで柔らかく煮てあるので老若男女に対応できる事。

2、生臭みがなく、下処理がいらない。

3、使い切れなくても保存できる

 

定番は鰯、鯖、鮭などです。

鰯やサバは生で買ってくるよりリスクも低く、

もし使えきれなくても保存できるので。

 

ちなみにお勧めの参考文献はこちら

 

 

前に行ったタスカジ先で、

この本を読み、鯖のハンバーグを作りました。

味見したらとても食べやすいです。

手軽だし、一度タスカジさんに試しに作ってもらって、

おいしいのだけ自分レシピにしてもいいかと思います。

 

余談ですが、

レシピ本を買って、タスカジさんに作ってもらうってのいいと思います。

おいしいのがあれば自分でコツを教えてもらったりして、

作れるようになりますし、、目の前でデモンストレーションある方が

格段に作りやすくなります。

 

ただし、私の場合は味や作り方を変えてしまうおそれがありますw

 

このメリットとしては、

材料購入もレシピ本に合わせればいいので楽です。

 

ついでに購入の際の注意点です。

1、頭や内臓はとってもらいキッチンペーパーを入れましょう。

2、値引き品は、現物のおなかやエラなどを見てから買いましょう。

3、事前に知らせましょう。

 

できれば硬い骨の魚は事前通知してください、包丁がかけるのでw

 

それと煮魚に必要な定番調味料と薬味は、

醤油、酒、味醂、砂糖、塩、昆布、青ネギ、生姜、ブーケガルニ、クールブイヨン

ここらへんがあれば、和洋中いけるはずです。

野菜くずを煮だして下煮するやつが、クールブイヨンです。

普通に酒や塩とかでもおけーっすよ。滅多にやる事はないですけど。

 

私の場合、、アジア人のようにかまわずどぼんする時もありますw

たしかに日本風の丁寧なやり方もいいんですけど、たまにはワイルドに(*´∀`*)

ココナツミルクがあると魔がさす可能性大ですw

 

エスカベッシェなど魚を揚げる場合は、

油、片栗粉、強力粉、デュラムセモリナ粉、ひよこ豆粉とかで

いんじゃないでしょうか?

 

たまにはレシピでも紹介しようかねー(*´∀`*)

オイルサーディンキャベツ!

おつまみに最適です、、男子でも手頃にできます。

 

*材料

・オイルサーディン缶詰:1缶

・キャベツ:好きなだけ

・味付けは、塩+オリーブオイル、めんつゆなどで

 

1、お湯をわかします、、オイルサーディン缶も一緒にどぼん

2、わいたら、ざくぎりキャベツをどぼん、、

3、お好みの柔らかさでザルにあげ、缶詰とキャベツをミックス!

味調整して、完成です。

ちなみにツナ缶やコンビーフでもおいしいです。

 

男飯( ・´ー・`)ドヤッ!