タスカジやりつつ、のんびりだらだら。

タスカジやりつつ、日記なようで業務連絡みたいな。

国産

世間では、やたら国産アピールがある。

国産だから安心して買える!って事は不思議やね。

 

例えば野菜。

種と肥料が海外産の事が多く、

植えられた土地が日本。

 

某PCメーカーの言っている、国産PC

いやいや、パーツ全部国産はありえんやろがwww

 

ってな、つっこみどころが満載。

 

日本のビジネスは、言葉をある意味でうまく利用している。

 

情弱ってのは、言葉を深く理解できない人なのかもしれない。

といいつつも、そこまで私は日本語に詳しいわけではない。

 

ベストセラーランキング上位にあるとある本には否定的です。

それって死語じゃね?ってつっこみいれたくなるし、

その言い回し、現代では不自然ではないかなー?

言葉遊びとしてはいいけれど、ってのはある。

 

敬語も丁寧語も結局は格差を生む原因になるので、

フラットで対等な関係を構築するのには難しくなる。

対等でなければwinwinであれgivegiveな発想は無理かと思うし。

可能であるけど、いい流れとは言えない。

 

ちなみに私は、お世辞や社交辞令は嫌いです。

発する意味がわからない。

なので、ほとんどどこで喋っていても、素で話をします。。

でも、感覚的に危険なフレーズはさけますよ(*´∀`*)

 

なのでいまだにオブラートに包みまくるのが好きな人には向いてないですね。

 

未だにオブラートって、どの程度使われているのかなー?とか思いつつ。

ボンタンアメも思い出しつつw

 

結局、使われなくなると、意味も理解できないよねー

オブラートなんて知らない人多いし。

だから常に新語が出てくるわけで。

若者の発想力ってすごいねーw

 

流行語の大人の発する事って、普段使われていない言葉の掘り返しやし。

 

だからこそ子供に言えるのは、国語は特に勉強しろと!

そして算数、、この二つができなきゃ、何もはじまらない( ゚ ρ ゚ )

 

テストで点を取りたいなら、国語がわからなきゃ話にならんからね。

 

だいぶそれていってけど、

国産って見かけたら、細部まで掘り返してみると、おもしろいですよー(*´ω`*)

 

って、広告見て思い出した物を書いてみました。