タスカジやりつつ、のんびりだらだら。

タスカジやりつつ、日記なようで業務連絡みたいな。

家の中にいる方が危険な感じ

そう、現代の建物は、夏は暑く、冬は寒い。

木造であれば、あまり熱に影響はされないんだけど、

素材的に、夏は熱気を吸収保存して、

冬は冷気を吸収保存してくれるおかげ、

家の中にいる方が、しんどい場合が多い、、本末転倒じゃね?

 

そこで登場、エアコンや寒暖房機器。

 

なので国単位で熱中症対策するならば、

例えば、町内に1,2か所、避難所を作る方が効率的である。

理由は、家屋の数だけ、電力が使われ、環境への悪影響があるとするならば。

必然とそうすべきなのではないのかな?

マンションの個数に応じて、そういった部屋を作るのも義務化とかね、

 

地震の時の計画停電や節電はどこへいったのやら?

 

そうすると、病院の稼働率も下がる。

それとコミュニティを再認識するにもいいと思う。

隣の人の顔も知らない世の中ですし、いい機会かと。

 

そして、複数個所必要な理由は、人の相性もあるからね(*´∀`*)

 

家から商業施設や図書館までの道のりですら厳しいので、

身近にほしいものですね。。銭湯とセットで(*´ω`*)

 

そんな感じに、循環型で持続可能を考慮した、

コミュニティー形成もやりたい事リストの一つです。