タスカジさんの雑記と食と読書

家事代行でシェアリングエコノミーに触れた人の日常。

能ある鷹は爪を隠すを勘違いして、爪を出さずに人生を終える人が多い。

中二病的な感じですけど、

そんな人はたくさんいる。

 

普段からこの程度でいいや、

で、何事もこなす残念な人達。

 

精一杯生きるってなると変わると思うけど、

なんとなくや、日本社会的にこんな感じが幸せーってな感じに、

他人やメディア、国に身を任せる人が多い。

それについては、ホリエモンの本を読む事を勧める。

www.amazon.co.jp

 

そして、この国の自由宗教性も一つの危うさである。

それについては、そのうちねw

 

根底にあるこの国の危うさは、

自分の意志や本音を隠す事。

フリートークができる人が身近に少ないってのもあるね。

 

まるで昔の集落制度のように、

情報漏洩や人を叩くのを楽しんでいる人が増加していて迷惑。

その程度の集まりに参加しない事が一番大切な事であり、

まずはそこの段階から抜ける努力は必要やと思う。

 

他人にして嫌がられる事はしないように、、

それは自分に戻ってくる前提で行動したほうがよろしいかと。


能ある鷹は爪を隠す。の意味。

才能や実力のある者は、軽々しくそれを見せつけるようなことはしないというたとえ。

 

むしろ見せて、さらに能力あげていくのが現代の正解ではないのかな?

 

才がないのに無駄にアピールする人は多いけど。

 

自分の向上をやめてしまう人や諦めてしまう人が多い。

それは、自分の住んでいる世界がそうなんだなぁとしみじみ思う。

なのでアウトプットを強化していかないと、

変わらないだろう。

 

一部の自己啓発で人に公表してやる気をだす!みたいのあるけれど、

それは私には向いていないようだ(*´∀`*)

 

なので

もっと自分出して、自分を高めていきましょうって感じやね( ゚ ρ ゚ )