タスカジさんの雑記と食と読書

家事代行でシェアリングエコノミーに触れた人の日常。

人は、歩みを止めると、衰える。

僕は体が痛い時でも、

可能な限り歩くようにしている。

 

昔からそうだ、

夜中、急に1時間ほど散歩にでかけたりする。

 

いつからそんな事をしているのか?

数少ない記憶から掘り起こすと、

たぶん、高校生くらいからだ。

 

でも、外を歩く時に絶対やらない事、

イヤホンで音楽などを聴く事。

 

それはなぜか?

 

余計なノイズは必要ない。

 

ただ、自分の事に集中したいのだと思う。

歩きたくなる時は、考え事をしたい時が多い。

 

何も考えず、ただ歩きたいってのもある。

 

さて、歩みを止めるとはどういうことか?

それは、心身双方に言える事で、

諦めたり、面倒くさがったり、

理由は色々思いつくだろうけれど、

思いつきすぎる人は、

本来の自分に出会える事はないかと思います。

 

継続は力なりって、そういう事なんやと。

今で言う習慣力。

 

習慣化の力はとても大きい。

悪い習慣程すぐに生活に溶け込む。

まるで砂糖のようにじんわりと、、、

 

そして、抜け出せなくなる恐ろしさ。

改善するには、小さな習慣で対抗しなければいけないので、骨が折れる。

 

単純な事で、

人は動物です。

 

なので動かなくなれば、

色々な箇所にトラブルの原因が発生して、

どんどん機能が低下していき、

最終的に機能停止に至るって事。

 

なので、たまにはメンテナンスが必要。

 

たまにはってところは、

人の生活次第なので、人それぞれ。

 

ただし、そこで注意なのは、

適度にゆっくりです。

 

よくない方向へ向かった事を

良い方向へ変えるには、

倍以上の物事や時間がかかる。

 

意志力が強ければ、すぐ戻せると思うけど、

そもそもそういった人は、すぐに修正する癖があると思いますので、

そもそも良からぬ方向へ行くリスクは少ないと思われます。

 

結局は、小さな物事の地道な積み重ねが、

とても大切で、常に心身ともに適度に動き続けなければ効果がないって、事です。

 

なのでそこを手軽にするならば、

小さな目標をひたすら達成し続けるのがええかと思います。

 

よくある。

大きな目標を立てて、

達成までの工程を細分化して、目標化。

もちろん、明確化して日時の設定し、

それを日々視覚に入るとかに貼り、

たまに軌道修正しつつ実行。

 

すこし炊飯器やんとか、書きながら思いつつ、

明確化→計量

目標設定→予約設定

目標→ご飯が炊けるw

 

書きながら、

脇道にそれるマックスタイル( ´_ゝ`)

 

喋りながらも同じやけど。

 

まぁ、そんな感じでやっていけば、

ほとんどの事は、難しくないはずです。

 

それは、歩みを止めなければ(*⁰▿⁰*)