タスカジさんの雑記と食と読書

生活にヒントとアイデアと刺激を

通勤時間はネタの宝庫

横浜駅から乗り換えのときに、

改札手前で

学生、社会人、駅員二人がいた。

どうやら急いでいた社会人が、

学生に対し、何らかの行動をとり、

学生が謝罪を要求したようだ。

 

私が通りかかった時、

社会人サイドが

謝罪したけど、どういう謝罪ならいいんですか?と怒りまくっていた。

学生はスマホ片手にめんどくさそう。

駅員困惑。

 

社会人サイドは時間がないのだろう、

学生はすぐにsnsにあげるのだろう。

 

社会人は、生活に支障がでているから、

自分に余裕がなく、

周りを見る余裕がないのだろう、

いい年した大人が、大人気ない。

生活を見直すことをすすめたい、

そんなことしたら火に油注がそうなものですね

 

一方学生に関しては、

自分の行動がどうなるか?なんて予想していなさそうで、興味もなさげ。

目だけは怒っていた。

 

結果はどうなったのやら?

 

さて、若者に限らず現代人の問題は、

公共スペースを自己空間の様に扱う人が増えた。

そして、空間を共有している認識が欠損している。

 

つまりは、自分の行動範囲は縄張りだから、

好き勝手やっていいと認識している人が増えた。

なんか原始的やな( ´_ゝ`)

 

実際のところ、

現代人の脳は原始化しつつある、

それは、脳を使わなくなったから。

さらに言うなら、

脳が動作しない環境になってきているから。

 

ここ数年の脳活本を読んで思うのは、

前提条件が整っていない人が読んで、実行したところでうまくいくわけがない。

 

つまり、腸内環境が整っていないのに

薬やサプリメントで対処する人、

吸収力がないまま無駄な時間とお金などリスクを伴うだけになる。

 

何をするにしろ、自分の現在の状況を把握できなければ、運頼みにならざるをえない。

 

さて話戻して、

老若男女に言えることは、各々の生活時間や生活環境にズレがあるから、摩擦が起きる。

 

そして、人の性質上、

自分が相手を理解するより、

相手が自分を理解しろと強く願っている。

 

特に女性はその願望が強い。

 

更に日本独特の空気を読むという機能が

さらなる摩擦を生むシステムになっている。

 

めんどうな島国やね( ´_ゝ`)

 

こんな事書いているから、読書時間が減る私( ゚д゚)